加圧シャツを着たら筋トレをしたほうが効果的です。これは周知の事実かもしれませんが、どんな筋トレが効果的なのか?ここは突き詰めてお話ししているところは少ないですね。

今回は加圧シャツを着てやるべき筋トレについてまとめました!

と、加圧シャツの筋トレについてお話する前に、割れた腹筋・シックスパックを手に入れる方法をおさらいしておきます。

「筋トレ頑張ってるけどシックスパックにならないんだよー」という悩み相談。けっこうあったりするんですね。筋トレしてるけどシックスパックに@i]kならない理由は簡単で、“表面のぜい肉が落ちていないから”なんです。

腹筋が割れるようにするには筋肉を鍛えることと、脂肪を落とすこと。この2つをクリアしなくてはなりません。どれほど内部の筋肉を鍛えても、表面でぜい肉が膜を張っていれば腹筋は見えません。
阿修羅圧

逆に言えば、表面のぜい肉さえ落とせればシックスパックはスグに手に入ると言うことです。

◆加圧シャツを着たら筋トレはひねる!とにかくひねる!

加圧シャツを購入していざ筋トレ!と思ったら、まずはあらゆる筋トレに「ひねる」動作を入れることを考えて下さい。

僕が実際にやっているのは
・腹筋
・腕立て
・背筋

この3つだけです。ここにひねりを加えます。腹筋を割る=ムダな肉を落とすためには、とにかく脂肪を動かすことが大切。そしてひねりを入れることで、より効率的に筋肉を刺激できるのでおすすめです。

僕のやってるメニューなら、腕立て以外の腹筋・背筋でひねりを入れるようにしています。

◆加圧シャツを着たらスポーツをするべし!筋トレ以上の効果も?!

加圧シャツを着てやってほしいスポーツ1位は、テニスです。その理由は先にもお話したとおり「ひねり」があるから。テニスは右に左にラケットを振り回すので意図せずひねりがはいるんですね。

同じ原理で卓球もなかなか良い身体の使い方をします。

と、ここまではおすすめのスポーツを紹介しましたが、実はスポーツなら球技でも陸上でもいいんです。なにしろスポーツやっててお腹がたるんでる人っていませんから。つまり、どんなスポーツをやっていても腹筋への負荷は必ずかかるんです。

マラソンランナーは持久力と走るための足を鍛えていますが、走り込む間に腹筋までバッキバキになります。どんなスポーツをやるか?というより、どう腹の肉を動かすか?がポイントなんですね。

僕個人的には、サッカーやバスケなどの走り回る競技がおすすめです。有酸素運動はダイエットには欠かせないスタイルですから^^

◆加圧シャツを着て筋トレ~まとめ

加圧シャツを着てどんな筋トレをするのがいいのかまとめてきましたが、最終的に筋トレでもスポーツでも「どうやって腹筋を使うか?」というところに落ち着きます。

筋トレならひねりを入れることが大事ですし、スポーツなら踏ん張って腹筋に力を入れることが大事になります。

極論を言ってしまえば、デスクワークをしていていも常に椅子をクル~クル~と左右にひねっていてればお腹は刺激されるのです。これを意識してシックスパックを目指しましょう。

阿修羅圧
⇒「阿修羅圧(アシュラーツ)」公式サイトならお得なキャンペーン実施中!